Google+

人気記事ランキング

シアワセ指輪学

知ってる人ほど、ハッピーになれる、幸せなおふたりを全力で応援する
指輪や結婚にまつわる雑学コラムを集めました!

結婚指輪の買い替え、夫婦で検討してみませんか?

LINEで送る
2018.08.08 UP

結婚指輪の買い替えって、しても大丈夫なの?

結婚するときに購入する結婚指輪。買い替えなんて全く考えたことがない、という夫婦も多いはず。でも、さまざまな理由があって結婚指輪を買い替える人も多くなってきているのだとか。夫婦によってはさまざまな理由がありますが、新しい指輪を購入することは悪いことではありませんから、結婚指輪の買い替えについて少し考えてみませんか?

サイズ直し

結婚指輪を買い替える、という選択

結婚するときに「一生もの」と思って購入した結婚指輪も、さまざまな理由で買い替えを余儀なくされることもあるかもしれません。また、10年の節目や何かの記念日などに再度お互いに贈り合う場合もあります。

このように、指輪を買い替えるのは決して珍しいことではないんです。

どうして買い替えるの?

では、どんな理由で指輪を買い替えるのでしょうか。考えられるケースを見てみましょう。

◆記念日に贈り合うため

5年、10年、15年といった節目に、改めて新しい指輪を贈り合う夫婦もいます。

◆指輪を紛失してしまった

夫婦のどちらかが指輪を紛失してしまったので、やむを得ず買い替えるというケース。同じデザインを購入する場合もありますが、全く新しいデザインのものを選んでも良いでしょう。

◆金属アレルギーになってしまった

金属アレルギーは急に発症することもあります。指輪に使用している金属でアレルギーを発症したと言うケースも考えられます。

◆焦って結婚指輪を選んでしまった

結婚準備に時間を取られてしまい、結婚式に間に合わせるためにデザインなどをあまり熟考できなかったため、改めてデザインから選び直したい、というケース。

◆予算をあまり用意できなかった

新婚生活準備や結婚式には何かとお金がかかるため、指輪の予算を抑えざるを得ない場合もあります。結婚生活が落ち着いたころに、改めて指輪を買い直しを考えるケース。

◆年相応の落ち着いたデザインに買い替えたい

凝ったデザインの結婚指輪をずっと着けていたものの、年齢を重ねたのでもっとシンプルなものを身につけたいと考えることもよくある買い替えの理由。

◆傷がついてしまった

日常生活の中で指輪に傷がついてしまうのは避けられません。大きな傷がついてしまったり、ゆがんでしまったりした場合には買い替えを検討することもありますよね。

修理が可能な場合もありますので、買い替える前に一度指輪を購入したお店に問い合わせてみてください。

これまで身につけてきた指輪をしまいこんでおくのは何となく寂しいと感じてしまうなら、重ね付けできる指輪を選ぶのがオススメ。

結婚指輪を買い替えることは、決して悪いことではありません。二人の宝物がまたひとつ増えると考えると素敵なことではないでしょうか。もしも買い替えを躊躇してしまうのなら、まずはパートナーに相談してみましょう。

LINEで送る