Google+

人気記事ランキング

ダイヤモンドの国際基準「4C」って何?

ダイヤの「4C」ってご存知ですか?ダイヤモンドの品質を評価する国際基準で、カラー・クラリティ・カラット・カットの4つの頭文字を取って、そう呼ばれています。ダイヤモンドの鑑定書にも、この「4C」が記載されるんです。
婚約指輪を買いに行く前に、しっかり予習しておきましょう!
ダイヤモンド

「4C」の意味と、その基準をチェック!

●色(カラー color) ダイヤモンドは無色に近いほど価値が高いとされ、逆に黄色味が強いほど価値が低くなってしまいます。カラーの違いは、ダイヤモンド原石の原子配列の違いや、含まれる不純物元素(チッ素やショウ素)によるものです。
ランク付けは、G~Zまでの23段階評価に分かれています。以下でその目安の色をご紹介します。

DEF:無色透明
GHIJ:ほぼ無色
KLM:かすかな黄色
N-R:非常に薄い黄色
S-Z:薄い黄色

●透明度(クラリティ clarity)
クラリティは、ダイヤについた傷やインクルージョン(内包物)の、大きさ・数・位置・色・性質によって決まります。
インクルージョンがあると価値が下がってしまうの!?とマイナスなイメージに思われるかもしれませんが、内包物とはダイヤモンドが地球の奥深くで結晶化する時に含まれたもの。一つとして同じ成分のダイヤモンドは存在せず、内包物もそのダイヤの個性といえるでしょう。

●重さ(カラット carat)
1カラットは0.200グラムのこと。0.20ct以下のダイヤモンドはメレーと呼ばれます。カラットの大きさは、輝きとカットにも影響します。カラットが大きいほど、カットを充分に活かすことができるので、輝きもより強くできるのです。
とはいえ、ご自分のライフスタイルや、気持ちにあった大きさが一番!自分にしっくりくるカラット数を選んでくださいね。

●研磨(カット cut)
4Cの中で、唯一人の手が判断基準となるのがカットです。カット=シェイプと勘違いされてしまうことが多いのですが、全く違うんです。カットはダイヤモンドの形の“バランス”と、研磨の仕上がりの状態のことを指します。シェイプは、ダイヤモンドの形そのもののことを指しており、「ラウンドブリリアントカット」や「マーキスカット」など様々な種類があります。
4Cの中でも、最も重要といってもいいかもしれない評価基準が、このカット。なぜならカットによって、原石の質やカラー、クラリティを大きくカバーすることも出来るんです。なぜなら、ダイヤモンドが強く美しく輝くには「光」が必要不可欠。その光の反射を最大限に活かせるのがカットだからなんですね。
いかがでしたでしょうか?ダイヤモンドは太古の地球が育んだ宝石で、一つとして同じものはなく、それぞれに個性があります。基準にとらわれすぎることなく、自分にぴったりと感じられる石を見つけられると良いですね!この記事が、ジュエリーショップで運命のダイヤモンドを見つける参考になれば幸いです。
LINEで送る