Google+

人気記事ランキング

見るとほしくなる婚約指輪、やっぱり幸せの象徴だもん!

結婚準備には何かと出費があるし、実用品を買った方が2人のためになると思ったから婚約指輪は買わないって決めた。でもやっぱり見るとほしくなっちゃう…。プロポーズに婚約指輪ってマストなのかも、みんなはどう思う?
婚約指輪はマストかも

「婚約指輪って必要?」彼の意外な発言にびっくり

●プロポーズの婚約指輪は、その場でもらえると思ってた…
ついに彼から「結婚してください」のプロポーズ。このときはプロポーズのフレーズに嬉しくて、ルンルンしていました。でも、よく考えてみると、婚約指輪は?!…。プロポーズと一緒にもらえるか、あるいは、一緒に買いに行くものと思っていました。後日彼に、「婚約指輪、いつ買いに行く?」と聞いてみると、「は?婚約指輪って無駄じゃね?いるの?」って言葉にびっくり。言われてみれば、「確かに必要ないかも」と自分でも納得したものの…。
●結婚は何かと出費があるし、実用品を買った方がいいのかも
普段つけることがないのだから婚約指輪は買う必要ないと、自分に言い聞かせたものの、やっぱり婚約指輪が欲しいのが本音。結婚指輪があれば充分、結婚は出費が多いので実用品を買った方がいいという彼の発言と違い、実際見るとほしくなるのです。プロポーズに婚約指輪ってマストなんじゃないかと思いはじめています。

みんなの婚約指輪、いくらくらいが相場なの?

●よくいうお給料3か月分って?
あるタレントさんが婚約指輪の購入費用について「お給料の3か月分」なんていったものだから、それ以降、婚約指輪はお給料3か月分くらいで購入するのが当たり前!というイメージがついてしまいました。でもこれは、タレントという特別な職業である彼が、結婚する彼女に出せる費用であって、誰もがこの位の費用が必要ということはないのです。
●相場は31万円くらい。これより低くても、高くても構わない
では実際に、一般の方が婚約指輪を購入する際に、どのくらいの費用で購入されているのかというと、相場は31万円くらいです。そう、無理することはありません。これより低くても、高くても構わないのです。婚約指輪は結婚「する」大切な人に、約束として贈る指輪ですから、彼が彼女のことを愛している証として、心を込めて購入できる金額を考えればいいと思います。

婚約指輪っていつから贈るようになったの?

今は結婚ということが重視されていますが、婚約、つまり結婚するという約束が重視されていた時代に、婚約指輪を贈る歴史のルーツがあります。紀元前1世紀のローマ、こんなにも以前から婚約指輪は愛する女性に贈られていたのです。
●結婚の約束がとても大切と考えられていた鉄の指輪
結婚すると決めるのが婚約、この約束がとても大切と考えられていた当時、元々は婚約の儀式の際、鉄でできた輪を贈ったことが始まりといわれています。その鉄の輪がいつしか金の輪となり、次第に豪華になっていき、中世初期という時代にはキラキラ輝く宝石がついた指輪になったといわれています。
●この世に存在する最古の婚約指輪は古代エジプト時代のリング
リングの形は永遠に途切れることのない無限の愛の象徴です。また古代エジプトでは月や太陽と同じ「丸い」形を持つリングはその人を守護するという意味もあったといいます。
こうして婚約指輪の始まりを紐解いてみると、まさしく清らかで人生を左右する大きな意味を持つリングなのだということがわかりますね。
LINEで送る