Google+

人気記事ランキング

先大人に似合う、指輪の定義

重ね付けの極意。

上質なジュエリーを選び、重ねる。洗練された大人の女性を輝かせるスタイル。

上質なブライダルジュエリーを躊躇することなく重ね付けする。そこには、マチュアな女性の魅力を引き出す、洗練されたコーディネイト術が必須です。選ぶジュエリーは必ず高品質なものを。たとえば、トリプルエクセレントなダイヤモンドのみを選び抜いた、エクセルコのブライダルジュエリー。

その重ね付けは、まさに大人のコーディネイトのお手本です。エクセルコは、ブリリアントカットを考案した世界最高のカット職人一族であるトルコウスキー家4代目当主がオーナーのハイジュエラー。確かな品質、技術とアイディア、歴史と伝統に支えられたダイヤモンドジュエリーは、どれをとっても、上品で洗練されたスタイル。凛として美しいソリティアリングに、まばゆい光を纏うエタニティリングを重ねてみましょう。その上質な光の連鎖は甘すぎず、それでいて、どこまでも女性らしく、大人の美意識をくすぐります。

あくまでも品質にこだわり、格調高いデザインにこだわることで輝きを増す、優美な光の重ね付け。大人の女性に許された、上質な世界を楽しみたいものです。

EXELCO DIAMOND(エクセルコ ダイヤモンド)lumieretou
公式サイト
  • 詳細を見る
  • 店舗を探す

大振りの美意識。

ダイヤモンドは大きさで選ぶ。それは成熟した女性ならではの選択眼。

大きさにこだわるのも、大人の女性ならではのダイヤモンドの選び方。身に着ける人をまばゆく煌めかせる大振りのジュエリー。その輝きにふさわしいのは、やはり成熟した大人の女性です。20代の頃には、どこか気後れしてしまった大振りなダイヤモンドも、今だからこそ似合い、着けこなすことができるのではないでしょうか。

アメリカにおけるトップジュエラーの売場では、一粒ダイヤモンドつまり、ソリティアの場合、1カラット以下の品はほぼ見当たりません。欧米の価値観に習えという訳ではありませんが、指に乗せて存在感を主張できるのはやはりカラットの大きなダイヤモンド。年齢を重ねていく中で、小さくてもの足りないと感じてしまうのはあまりにもさみしいものです。

もちろん、クオリティにもこだわりたいのが、大人の常識。大振りで美しいダイヤモンドのあしらいが魅力のフローレスダイヤモンドは、クオリティの高さにも定評があり、クラリティにおいて最高級のダイヤモンドしか扱わないことで知られています。

運命のリングとの出会い、美意識の高い女性を満足させる一粒のダイヤモンドはここにあるかもしれません。

FLAWLESS DIAMOND(フローレス ダイヤモンド)Dicile Pave
公式サイト
  • 詳細を見る
  • 店舗を探す

アンティークへの憧憬。

どの角度から見ても美しいという事実。その、アンティークな美意識と存在感を纏う。

古式ゆかしい様式美や伝統美。アンティークな美のスタイルは、装う人の時間の積み重ねとともに、優美さに磨きをかけていきます。アンティークへの憧れと成熟した精神性には、親密な関係性があるのかもしれません。13世紀から18世紀までのヨーロッパでは、愛する人へポージーリングという内側にポエムやメッセージを刻んだ指輪を贈る習慣が定着していました。

こうした時代のアンティークな美や様式を織り込んだリングを制作し、近年注目を集めているのが【セイレーン アズーロ】。
「ジュエリーを着けることで、全ての女性が輝けるように」との想いから神戸で誕生したブランドです。古風なたたずまいを見せながらも、むしろ現代においては新しい温故知新。近年の既成概念を打ち破るデザインのリングは、非常に個性的で優美なアイテムばかり。ダイヤモンドには、105面ファセットという複雑なカットを施した、ガブリエル・トルコフスキー氏による『ガブリエル・ダイヤモンド』を使用し、キラキラと輝くその存在感は、アンティークな表情と相まって、見る人を魅了します。

美麗なアンティーク調の洗練されたデザインは、雅やかな美しさを愛する粋な大人に選んで欲しい大人のジュエリーです。

Sirena Azzurro(セイレーン アズーロ)AEI
公式サイト
  • 詳細を見る
  • 店舗を探す
LINEで送る