Google+

人気記事ランキング

アレ、外れない!?結婚指輪と相性が悪いネイルのデザインとは

女性の指先を美しく、華麗に彩ってくれる「ネイル」。昨今ではネイルアートやデコネイルなど、まるで一つの作品のように凝ったものもありますから、どんなものにしようか迷ってしまいますよね。
しかし、中には結婚指輪が外れない!付けられない!後々不便なデザインのネイルも……今回は結婚を控えている女性のために、注意したいネイルアートのデザインについてまとめてみました!
デコネイルに注意!結婚指輪が嵌まらないデザインって?

その① 爪が重くなるほど豪華で大きなネイルパーツ

最初にご紹介するのは、爪がずっしりと重くなってしまうほど豪華で、指から大幅にはみ出してしまうレベルのネイルパーツ。昨今ではパールを乗せたり、パーツで花を象ったりするデザインも増えていますよね。
◆大きすぎると、指輪の取り外しができない!
しかし、指先から大幅にはみ出すほどの大きさだと、大抵は指輪を取り外しできなくなってしまいます。嵌めてからネイルをして、夜には落とす、という感じなら良いですが、落とす予定がないネイルや、結婚式の指輪交換前だと後が大変です。特に結婚式の指輪交換は一世一代のイベントですから、できればスムーズに終わらせたいですよね。最悪の場合、指輪交換の儀式をナシにするカップルも……。
◆無理やり入れると、パーツがポロリ……なんてことも!
あからさまに大きすぎるネイルパーツならともかく、ちょっとはみ出ているレベルの場合、入るかもしれないと無理やり押し込んでしまう方も。しかし、そうすると今度はせっかくこだわったネイルのパーツがポロッと落ちたり、掠めて傷が入ったりする恐れがあります。ネイルをした上で結婚指輪をしたい場合は、事前にネイリストさんにその旨を伝えておくと良いでしょう。

その② 流行りの「ネイルピアス」にも落とし穴が!?

ネイルピアスといえば、耳にするのと同じようにして、爪にリング状のネイルパーツを通すもの。アクセサリー感覚でキラキラと華やかに指先を彩ってくれるため、昨今非常に人気のアイテムです。
しかし、ネイルピアスも大きさによっては結婚指輪を嵌める時妨げになる場合がありますので、デザインには注意が必要。結婚式の際のネイルに用いると、ウェディングドレスに引っかかって傷つけることもあるとか……。
そのため、ネイルピアスは「自分で取り外し可能」なものにしておくと安心です。いざという時に付けたり外したりができれば、結婚式もその後結婚指輪を付け外しするのも楽ちんですよね。

結婚指輪に合わせるなら、出来る限り上品なデザインが吉!

せっかくの結婚式だから、思いきり華やかに自分を着飾りたい!結婚指輪がシンプルだから、ネイルくらい派手にした方が?という気持ちは分かりますが、結婚指輪に合わせるなら、出来るだけ上品なデザインのネイルがおすすめ。
例えば薄いピンクやベージュにラメを合わせたものや、パステルカラーのネイルカラーの上から控えめにラインストーンを散りばめたものなど、奥ゆかしいデザインが結婚指輪をより一層引き立ててくれます。
そもそも結婚式の場合、美しいドレスや着物を纏った花嫁、というだけで充分輝くことができますから、あまり気負わず、その日の自分に一番似合う、結婚指輪を嵌めるのに相応しいネイルを選んでくださいね。
LINEで送る