Google+

人気記事ランキング

絶対言っちゃダメ!女友達に嫌われる「婚約指輪のNGワード」3つ

大好きな彼からプロポーズをされ、婚約指輪を貰ったら、幸せでつい誰かに自慢したくなるもの。お友達からしても、大切な友人がはしゃぐ姿は基本的に微笑ましいことでしょう。
しかし、中には無神経な発言で、女友達を怒らせてしまう、知らず知らずのうちに嫌われてしまう女性も……。一体何がいけないのでしょうか?婚約指輪にまつわるNGワードを3つまとめてみました!
婚約指輪についての禁句3つ

その① 「やっぱり婚約指輪は○○(ブランド名)くらいじゃなきゃね」

ティファニーやカルティエ、ブルガリ、ハリーウィンストンにヴァンクリーフアーペル……世界を代表するハイブランドの婚約指輪には、多くの女性の憧れと夢が詰まっています。
◆婚約指輪に貴賎なし!他のブランドを下げる発言はNG
しかし、理想のブランドやダイヤのカラット数の結婚指輪を貰ったからといって、「やっぱり○○の指輪くらい貰わなきゃ格好付かないし」「これ以上小さいダイヤだとダサくない?」など、他のブランドや婚約指輪を貶す発言はやめましょう。職人は誰しもが想いを込めて作品を造り上げていますし、婚約指輪はどんなものであってもそのカップルにとって特別なものなのです。ブランドの話をするにしても「ずっとここの婚約指輪が欲しかったから嬉しい」と言えば、全然印象が違いますよね。

その② 「本当はもっと○○な指輪が欲しかったんだけど……」

続いては、知らず知らずのうちに相手を不愉快にさせているかも!?な一言。理想の婚約指輪と違う、という言葉は、一見謙遜しているようにも思えますよね。
◆「彼氏に失礼!」と、あげた側に共感する声も
しかし、婚約指輪は基本的に彼からのプレゼントですから「貰っておいて失礼すぎる」「中には彼氏が本当に一方的すぎて可哀想に感じることもあるけど、嫌味に聞こえることがほとんど」などの声が。確かに彼女のことを想ってデザインやブランドを考えてサプライズしたのに、少しも敬意を払われていない感じで悲しいですよね。
◆もしかして、友達の婚約指輪を貶してる恐れも!
既に結婚しているお友達の場合、「もっとダイヤが大きい婚約指輪の方が良かった」「デザインが定番すぎてつまらない」などと愚痴を言われると、自分の婚約指輪を貶されたようで気分が悪いと感じることも。婚約指輪に関しては、不満があっても出来る限り口に出さないのが賢明と言えるでしょう。

その③ 「次はあなたの番だね」「○○ちゃんも早く買ってもらえば?」

最後にご紹介するのは、婚約指輪を羨む友人に対する「次はあなたの番ね!」「早く買ってもらいなよ~」という言葉。良かれと思って言っているのでしょうが、基本的には余計なお世話に聞こえてしまうよう。
中には彼氏と上手くいかず悩んでいる友達もいるでしょうし、昨今では結婚に執着しない女性も増えていますから、羨ましい「フリ」をしているだけで、実はそこまで望んでいないということもあり得ます。
プロポーズや結婚などはそれぞれのカップルのペースというものがありますから、幸せを分けてあげたい!なんて考えず、程よい距離で見守りましょう。
LINEで送る