Google+

人気記事ランキング

悩める結婚指輪のタイプ別診断

指輪を選ぶとき、素敵なデザインなのに自分の手に似合わないということは多いもの。体型によって似合う洋服が違うように、指のタイプによって似合う指輪は違います。今回は、指のタイプで変わる、おすすめの指輪をご紹介します。
結婚指輪のタイプ別

短い指・太い指でお悩みの方

●短い指
短い指にコンプレックスをお持ちの方におすすめの指輪は、指につけたときにV字・U字になるリングです。指の根元が実際よりも下がって見えるため、指が長くなったような視覚効果が得られます。
S字ラインのリングもおすすめです。流れるようなラインのデザインは指を長くスッキリ見せてくれます。短い指に悩んでいる方は、ボリュームのあるごツゴツとしたデザインを避けて、細めのスッキリとしたデザインの指輪を選ぶようにしてください。
●太い指
太い指にお悩みの方の多くが、「食い込んで見える」ことを気にしています。実際、太い指の方はむくみやすく、夕方になると指輪が抜けないという経験をされている方も多いもの。
華奢なデザインの指輪では、その存在感が埋もれがちになるため、ある程度ボリュームのあるリングがおすすめです。短くて太い指の方は、ボリュームのあるデザインではなく、ウェーブ状のデザインなど、柔らかい印象のあるものが良いでしょう。

細い指・関節が太い指でお悩みの方

●細い指
細い指の方は、ほとんどの指輪のデザインに対応できると思っていいでしょう。しかし、細くて長い指の方は、ボリュームのある指輪は似合わないことも。華奢な指にボリュームのある指輪を合わせてしまうと、貧弱な手に見えてしまうかもしれません。
長くて細い指の方は、基本的にはどんなでデザインでも大丈夫。ストレートなデザイン、個性のあるデザイン、色んなタイプのデザインに挑戦してみてください。
●関節が太い指
関節が太い方は、サイズ選びに苦労する方が多いのではないでしょうか。関節部分以外は細いため、指輪が指の根元でぶかぶかと遊んでしまうという方が多いようです。
せっかくセンターに石が入っているのに、「気づいたら手のひら側に隠れていた」という声も多く聞かれます。そのため、センターにポイントがないデザインを選ぶのがおすすめ。デザインがずれるのを気にすることなく身に付けることができます。

水かきがある指・色黒の指

●水かきがある指
水泳をする方など、まれに水かきが発達している人がいます。そんな方が指輪をつけると、指輪が根元まで届かない状態に。指輪から指先までが短くなることで、指の短い手に見えて、不格好な見た目になってしまいます。
水かきがある方は、ウェーブラインの指輪を選ぶようにすると、指が短く見えるのを防いでくれます。V字やU字の指輪も同じような効果がありますので、試してみてください。
●色黒の指
結婚指輪としてプラチナリングが定番です。日焼けした色黒肌の方は、このプラチナの色と、自分の肌色とのミスマッチに悩んでいる方も多いのだとか。日焼け肌にはシルバーよりもゴールドが似合いますので、思い切ってゴールドの指輪を選んでみると良いでしょう。
もし、ゴールドの指輪に抵抗があるということなら、プラチナとゴールドを織り交ぜたデザインのものにしても良いですよ。
ライター このライターの記事を読む

杉浦優子

(フリーランスライター/写真教室講師)

求人広告ライターを経験したのち、美容や恋愛関連のコラムを読むのが好きだったこともあり、コラムライターを目指すように。現在は紙やWEB媒体を問わず、インタビュー記事、会報誌制作など、次々と新しい分野に挑戦中。

LINEで送る