Google+

人気記事ランキング

抜けなくなった指輪を簡単に取る裏技

最近では男性でも指輪をする人が増え、男女ともに「指輪が抜けない」経験をしている方が多いのではないでしょうか?力まかせに引っぱって、いたい思いをした方もいるかもしれませんね。今回は、抜けない指輪がスッと抜ける、簡単な対処法をご紹介します。
指輪が抜けない

指輪が抜けない!まずは定番の方法を試してみよう。

指輪を抜く方法は数々ありますが、ここでは定番の対処法をご紹介します。
●石けん・洗剤をつける
多くの人が試すのが、石けんをつけて抜くやり方です。石けんや洗剤をつけると、良く滑るようになって外れやすくなるのです。普通に力を入れて抜くよりも摩擦が減って、痛みや傷も軽減できます。
●糸を使う
指に糸やビニールテープなどを巻き付け、一時的に指のサイズを細くする方法です。指輪の隙間に糸を差し込み、その先端は手のひらで持つようにします。もう一端は指先へと螺旋状に巻き付けていきましょう。
手のひらに持っていた糸を、徐々に指先方向へ引っ張っていきます。一時的に指が細くなり、糸が引っ張られることで指輪が先端へと動きます。一人で難しい場合は、他の人に手伝ってもらうと良いでしょう。
うっ血しやすくなるので、この方法を試す際には、手早く行うことが大切です。誰かに手伝ってもらうと、スムーズに指輪を抜くことができます。

自分でできる!指輪が抜きやすくなる方法

●むくみを取る
ふと指輪を外そうとしたら「抜けない!」ということ、ありますよね。指輪が抜けなくなる原因は人それぞれですが、多くの場合、身体のむくみが原因で起こっている可能性もあります。
むくみを取れば指輪が外れる可能性があります。腕を頭上に伸ばしてしばらく置いておけば、重力によってむくみが取れ、自然と指輪が外れやすくなります。
また、指輪を外さなければいけない場面でなければ、そのまま朝までつけておくのも良いでしょう。朝にむくみが取れていれば、スッと問題なく抜けることもあります。
●こんな裏技も
もし、何を試してもなかなか抜けないという場合には、両手を背中にまわして外してみましょう。同じ指輪を外す行為でも、後ろ手にまわすと不思議と外れやすくなります。
このときに、思い切り抜こうと引っ張ってはだめ。コツとしてあげられるのは、指の力を抜くこと。ひと呼吸置いてリラックスしてから行ってみましょう。

最後の手段!指輪を切断して外す

●消防署でも対応してくれます
どうしても抜けなくなった指輪を放置するのは危険なこともあります。そんな場合は、消防署などに問い合わせて、リングカッターで切断してもらうようにしましょう。宝飾店や病院などでも、お金を支払えば切断してもらうことができます。
まずは、お近くの消防署に問い合わせて、切断が可能かを確認するようにしてください。すぐに対応してもらえない場合もありますので、必ず事前に確認しましょう。
●切断後も、リフォームすればOK
指輪を切断したからといって落ち込む必要はありません。切断した指輪は宝飾店へ持ち込み、修理してもらいましょう。「最近指輪が抜けにくい」ということがあれば、事前にリフォームしておくと良いかもしれませんね。
LINEで送る