Google+

人気記事ランキング

シアワセ指輪学

知ってる人ほど、ハッピーになれる、幸せなおふたりを全力で応援する
指輪や結婚にまつわる雑学コラムを集めました!

豪奢な装飾がまばゆい!沖縄の結婚指輪「房指輪」ってなに?

LINEで送る
2018.06.13 UP

縁起のよい装飾が素敵!沖縄の結婚指輪「房指輪」の魅力

独自の歴史がたくさん詰まった地、沖縄。今回ご紹介するのは、そんな沖縄で伝統的な細工を用いて造られた「房指輪」というアイテム。これは結婚指輪として使用されるそうで、華やかな装飾が幾重にも連なっています。

今回は「房指輪ってなに?今も買えるの?」と気になっているあなたのために、房指輪の歴史や魅力、現在の入手方法などについて詳しくまとめました!ぜひご参考ください。

サイズ直し

嫁入り道具のひとつ!「房指輪」ってどんなアイテム?

房指輪とは、琉球王朝時代から造られていたという沖縄の歴史ある結婚指輪。主に貴族の婚礼の儀に使用されていたそうで、娘の幸福を願い親から子へと贈られるのが特徴です。

現代の結婚指輪は基本的には自分たちで選び、用意するのが主流ですが、こちらは嫁入り道具のひとつとして数えられていたといいます。

ただし、金細工と呼ばれる専門の職人の手によって造られるということもあり、用意できたのは前述したように限られた貴族や士族のみ。それも第二次世界大戦中にほぼ焼失したため、歴史的には非常に貴重なアイテムと言えるでしょう。

7つの装飾が個性的!それぞれにどんな意味がある?

房指輪の特徴は、私たちにも馴染みのある輪っか状のリングに7つの装飾品がじゃらりと提げられているところ。装飾品にはそれぞれに以下のような意味合いがあり、いずれも縁起ものとして付けられています。

◆花から魚まで!「七房」に込められた願い

  • ・魚……食べるものの象徴。食料に困らないようにという願い
  • ・ざくろ……細やかな実がたくさん入った、子孫繁栄の象徴。子宝に恵まれますようにという願い
  • ・桃……災厄を寄せ付けぬ仙人の果実とされ、不老長寿の象徴。いつまでも健やかに長生きしますようにという願い
  • ・扇……末広がりの形から、未来に繋がる幸福の象徴。いつまでも幸せでありますようにという願い
  • ・花……生活における彩りの象徴。様々な楽しみがありますようにという願い
  • ・蝶……天国の使者を象徴。極楽へ導かれますようにという願い
  • ・葉……衣服の象徴。身につけるものに困らないようにという願い

このように、七房は親が子に願う様々な幸福を意味するのですね。他にも富貴を象徴する牡丹や平和を表す鳩など、様々なバリエーションも存在するようです。

今でも購入可能!どこを探せば買える?

房指輪は個性的なデザインと、七房に込められた温かな願い、厄除けなどの意味から、昨今では若者にも人気があるよう。

本来ならば沖縄の専門的な職人を頼るべきですが、最近では若いデザイナーによる作品も増えており、セレクトショップ等で購入が可能となっているようです。

価格は2万円前後~5万円前後で、通販を行っている場合もありますから、気になる方はぜひ問い合わせてみてはいかがでしょうか?

LINEで送る